Return to site

EU初のVR医療プラットフォームが始動

VRHealth社(https://www.xr.health/?fbclid=IwAR1OdZgxhmLhrRbst8qR_rXvJZDA8yYc31gfABB-O-Tf-da4ahAe0T-1N6U)が、VR医療プラットフォーム提供企業として初めてCEマーク(すべてのEU 加盟国の基準を満たすものに付けられる基準適合マーク)を取得し、EU全域の医療機関に対するサービス開始の足掛かりを得ました。
医療機器・サービスとしての認証を得ることは、医療現場への普及にはずみをつける大きな一歩です。
しかし、求められる基準は高く、認証を得ることは簡単ではありません。
また、国ごとに基準が異なるので、国ごとに認証を取得する必要があります。
VRHealth社は、既に米国でFDA認証を取得し、国際基準であるISO認証も取得済とのことです。
同社の戦略的な薬事戦略は、医療向けVRサービス提供企業にとって学ぶところが大きいと感じます。

[用語解説]
FDA( Food and Drug Administration): アメリカ食品医薬品局のことで、日本の厚生労働省にあたる公的機関です。
ISO(International Organization for Standardization): 国際標準化機構の略称で、主な活動はモノやサービス・組織マネジメント等に関する国際的に通用する規格を制定することです。それぞれの規格には「要求事項」が定められています。

https://www.verdict.co.uk/vrhealth-virtual-reality-healthcare/?fbclid=IwAR18vu8ti9bEsmIicu5X_o9n_8WRno4MVo9laXr44NLvYVVCscS7Wm732r8

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly