Return to site

中医を学ぶ学生の鍼治療トレーニング・外科医の術前シミュレーションに活用されるVR

米国VR企業Augmented Intelligence社(https://www.mai.ai/)の製品、BodyMapとDigital Twinの活用例を紹介したレポートです。
BodyMapは人体解剖を学ぶための教材、Digital Twinは手術前に画像検査等のデータを用いて患者のアバターを作成しシミュレーションを行うサービスです。

中国の医療事情:
中国の医師には、西洋医学の医師と、中医師(中国伝統医学)が存在します。紹介されているBeijing University of Chinese Medicineは中医師を要請する教育機関に分類されます。日本の鍼灸学校と似ていると言われますが、解剖や技術指導、臨床実習などの点で、中国の中医学教育は遥かに内容が充実していると言われています。

解剖学:
人体解剖を十分に理解することは、人の身体にアプローチするあらゆる分野(リラックス目的のマッサージを含め)の必須事項であると思います。
医学生として献体の解剖実習を始めた日、私は自分の目の前の人体の組織の印象が写真やイラストとは圧倒的に異なることに衝撃を受けました。3Dで人体を理解することなしに医師になってはいけないと心底腹落ちしました。実習期間中、理学療法士、看護師等の医療職を目指す学生が短期間参加することがありました。専門分野毎に重点的に深く学びたい部位や組織があるだろうに、実質的に医学生の解剖実習の見学となっていることを残念と感じていました。
教育機関への「VRを活用した解剖学」の普及は、この課題を大きく解決する手段として注目されます。

https://www.scmp.com/lifestyle/health-wellness/article/2169092/virtual-reality-helps-chinese-medicine-students-learn?fbclid=IwAR2K4qChHOYPFyYAFH-MWx9C_4FPQI07ypni5E_iisfjITvOakbqw-UDkUs

[補足情報]

1.中国における医学教育改革: 「300万人を数える医師のうち、半分は大学卒レベルの教育を受けていない」との現状も指摘。Healthy China 2030 達成に向けた道のりは容易ではない。
Medical education reform in China, The Lancet, July 22, 2017
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(17)31921-9/fulltext?fbclid=IwAR1vkOqbdunI7Uppltz3Ksrx7Yfr0Sze9IVRoJP5O1xb2uDNSBEhuHxCruE

2.中医学の治療ガイドラインに対する、中医師を対象とした意識調査: 概ね前向きであるが、必ずしも治療ガイドラインに則った治療の実践にはつながっていない
A national survey of Chinese medicine doctors and clinical practice guidelines in China, BMC Complementary & Alternative Medicine, 2017

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5588680/?fbclid=IwAR21HniIAZxfgPwtsFIchw03dKMz3kt_4jzZN65W-4Dw2I2xVgtJ_KCUMNU

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly